06 ラスベガス 2017一月
Keep Memory Alive Center
#ConnectedInkLasVegas

過去のイベント

Connected Inkでは、ペン、紙、インクがデジタル化されるとどのような変化がおこるのか、活発な議論が生まれます。最新の技術によって、人間のクリエイティビティをどのように進化できるのかも、大きな関心事です。 5回目のイベントは2017年1月6日に米国・ラスベガスで開催されました。

今回は、オープンエコシステム、パートナーシップ、コミュニティが主要テーマとなりました。

今回は、世界中から選ばれた7組のInkathonファイナリストも招待され、さらにデジタルインクが、ビジネス、教育、医療をどのように進化させるかについても、専門家から様々な意見が述べられました。

イベントは、ワコムCEOの山田正彦のスピーチで始まりました。 「芸術から科学まで、インクが、創造的な表現の基礎であり、我々(ワコム)はクリエイティビティが世界にもたらすものを敬愛します(山田)」

続いて、各分野のエキスパートたちによるプレゼンテーションが行われました。

ニューヨーク大学のコンピュータサイエンス教授ケン・ペーリン博士は、アイデアと形状を結びつける、知性的でインタラクティブなデジタル・インキング・アプリケーションについてプレゼンテーションしました。

マイクロソフト社のデービッド・アブザリアンは、Window Inkを、思考をすばやく行動にするツールとして、紹介しました。

モンブラン社のフェリックス・オブスコンカは、「デジタルな領域における手書きの美しさ」について語り、モンブランとワコムの提携によるMontblanc Augmented Paperを発表しました。

NeuroSky・CEOのスタンレー・ヤンは、デジタルインクが今後果たす役割について、プレゼンテーションを行いました。例として、自閉症児の脳波を追跡することで医学者および研究の専門家が自閉症をよりよく理解するのに役立つことを紹介しました。

ワコムからもデジタルインクの取り組みについて説明されました。

ワコムのテクノロジー・ソリューション・ビジネス・ユニット担当である井出信孝は、デジタルインクを推進する取り組みを紹介しました。ワコムは、E Ink、LG、Elanらと共同研究を行っておりますが、この日はマイクロソフトとのマルチプロトコルペンに関する協働についても紹介され、注目を集めました。

ワコムのハイディ・ワンとファイク・カラオグルは、今年設立される、イスラエル・テルアビブに設けた「(デジタルインクの)イノベーションハブ」について紹介しました。二人はWILLにも触れ、私たち全員が使うことができる、ユニバーサルペン・プラットフォームを構築する上で、引き続き重要な役割となることを説明しました。

プレゼンテーション後、世界各国から集められた7組のインカソン・ファイナリストの授賞式が行われました。「デジタルスタンプ」の名誉とともに、3位入賞者は2,500ドル、2位入賞者は5,000ドル、全体優勝者は10,000ドルが授与されました。

ファイナリストは、シンガポールのDeep Question、イスラエルのSounDoodle、インドのInk Analyzer、シンガポールのDoodle the Web、香港のCheat Sheet、イスラエルの Canvas Earth, ブルガリアのArduwriteの7組です。

各ファイナリストは、3分間でプレゼンテーションを行い、業界の専門家で構成された審査委員によって受賞者が決定されました。 3位は16歳のZvezdin BesarzbovによるArduwrite(ハンドライティングによる文字をフォントとして再現できるデバイス)に与えられました。 

2位はOri Shapira, Jonathan Somer, Noam Ioya, Jonathan AtariaにるイスラエルのCanvas Earth。絵画、グラフィティを通して、AR(拡張現実)要素を実現しました。

1位は、イスラエルのSounDoodl。Samuel Miller、Rotem Nahlieli、Ethan Hallが作った、教育的な見地から芸術と音楽を楽しくミックスさせたアプリが選ばれました。

最後に、ワコムCEOの山田から、2016年10月に設立されたDigital Stationery Consortiumについて紹介されました。

「モンブランとサムスンが、ボードレベルでコンソーシアムへの参加発表をうれしく思います(山田)。」

 「オープンシステムと強力なパートナーシップの強みを信じています(サムスン・ピーター・クー)。」

スピーカーについて

インプレッション

“「コネクティド・インクは、イベントとしても素晴らしいだけでなく、関係づくりの場としてもすばらしいです」”
Dr. Felix Obschonka
モンブラン ニューテクノロジーイノベーション責任者
Masahiko Yamada DSC議長プレゼンテーション
Connected Inkラスベガス2017

終了