アナログ・デジタル・ハーモナイゼーション
16:05 - 16:30

Wacom x 新潟医療福祉大学

Bamboo Slateを用いた認知症スクリーニングの可能性

新潟医療福祉大学診療放射線学科教授

児玉直樹氏

我々はタブレットPCとデジタルノート(Bamboo Slate)を用い、手書きにて描かれた対象をデータ化

して保存する電子ドローイングシステムを開発した。これにより、描画課題を完成図だけでなく、その過程

と筆圧を電子データとして保存することで、遂行過程の詳細な評価を容易にし、認知症スクリーニングに

有用である。また、多数のデータを蓄積することで、神経心理学検査の自動採点システムの開発にも応用可能である。

閉じる