Connected Ink 2019
  • ホーム
  • NEWS
  • E InkがTouch Taiwan 2019で...

NEWS ニュースリリース

E InkがTouch Taiwan 2019で最先端のePaperテクノロジーを展示

台湾最大のディスプレイ見本市のひとつ、Touch Taiwan2019において、E Inkが最新のカラー、フレキシブル、カーブ、バッテリーレスのePaperテクノロジーを展示しました。(E InkはePaper業界におけるリーディング企業で、Connected Inkのスポンサー)。また、ロジスティクス、リテイル、トランスポーテーション、ヘルスケアなどの面で、数々のスマートライフにおけるePaperアプリケーションもあわせて紹介しました。

 

「ePaper:IoTとスマートシティの理想的なディスプレイ」をテーマに、E Inkは高度なePaperテクノロジーとePaperアプリケーションを、IoTとスマートシティで実証しました。またそれ以外にも、E Inkは様々なビューからでカラーePaperを紹介しました。カラーePaperについてより詳しくは、こちらより動画をご覧ください。

 

E Inkは、デジタル・ハンドライティングの開発を促進しており、そのエコシステムパートナーの1社として、ワコムをTouch Taiwan 2019のブースに招聘しました。ワコムは、同じブース内で、デジタルペンテクノロジーを紹介し、 E Inkディスプレイで使用できる、Staedtler、Lamy、BICなどの有名な文房具ブランドとのコラボレーションを展示しました。