デジタル文具のこれから

ジョンソン・リー

Einkホールディングス社長
上海
#ConnectedInk

情報

ジョンソン・リー氏は、現在のEinkホールディングス社長を務め、Einkグループのグローバルセールスおよびすべてのビジネスユニットを率いる。リー氏は、Einkホールディングスの前身であるPVI(Prime View International)が、ePaperビジネスをスタートさせた2006年に、PVIに入社。その後、研究開発部門のアソシエイト・バイス・プレジデントとして、数々の開発に従事する。また2010年より、EinkのePaperモジュールマニュファクチャリング機関のTranscend Optronicsのチェアマン、2012年より、Hydis Technologyのチェアマンも務め、2014年に、Einkホールディングスの社長に就任する。

1998年に、タフツ大学より学士号を取得する。

スピーカー

“「このイベントは非常に貴重な場となっただけでなく、デジタルインクの何たるかを理解する上でも意義深いものとなりました」”
Warren Schorr
クレヨラ 事業開発バイス プレジデント
2018年イベント近日公開 2018

イベントパートナー